© 2019 大杉公認会計士事務所 Ohsugi CPA Office

  • s-facebook

​監査調書パッケージ

主にこれから常勤監査役設置・監査役会を立ち上げられる企業様

向けに、監査役監査の基本パッケージツールをご提供いたします。
形式のみの監査ではなく、上場後、規模拡大後も継続して使用

できる「土台」となるような監査ツールとなっています。


・常勤監査役、監査役会を設置したばかりの会社様
・IPOを目指されている会社様
・監査調書の作成、保管に不安のある監査役様


などにお勧めです。

なお、具体的な監査方法についてのコンサルティングサービスもセットになっておりますので、ご不安なくスムーズに業務でご利用いただけます。


(※別途、年間を通じたご相談にも応じております)

監査調書パッケージの一例

​お客様の声(上場準備企業 A様(公認会計士))

上場準備企業の常勤監査役に就任したところですが、監査役監査は公認会計士が行う会計監査と勝手が大きく異なるので、まず何をどうすればい良いのか戸惑っていました。また、監査調書等のフォーマットから漏れのないように作らなければならなかったので、単純作業かつ膨大な工数が予想され、せっかく「経理財務に知見のある」公認会計士として監査役に就任したにも関わらず、公認会計士としての価値を発揮することができず、悩んでいました。


この監査調書パッケージには、監査役監査に必要な基本セットが全て含まれていますので、上記のような単純作業を効率よくショートカットできますし、項目の漏れなどにも不安を感じることなく業務をスタートすることができました。


このパッケージを利用することにより削減できた時間で、会社に財務や管理体制面のアドバイスを行うこともできましたので、結果としてとてもコストパフォーマンスが良かったと感じています。取締役ともども大変満足しています。

​お客様の声(上場準備企業 B様(公認会計士))

初めて常勤監査役を設置する会社の当職に就任しました。前期調書がなく、やるべきことも不明瞭なまま業務をはじめましたがやるべきことはこれで十分か?遂行内容はどのように記録するべきか?と不安ばかりがつのり、時間を浪費するばかりでした。

そんな時に当パッケージに出会いました。このパッケージをなぞれば必要十分な業務内容を把握でき、必要十分な情報を記録することができます。このパッケージを頂いた時、不安な気持ちがいつの間にか消えていたことに驚きました。「型」があるというのはこんなに気持ちを軽くするのかと。

 

新任監査役の方にはぜひともおすすめいたします。